私は以前から読書好きなので、気になる本や漫画があれば片っ端から買っていました。中学生になる頃には漫画だけで1,500冊は超えていたと思います。そうなってくると本の置場にも困ってきます。こうして徐々にではありますが、現在でも読まないと思った本は古本屋で買い取ってもらっています。

しかし人間とは不思議なもので、あの時に読まないと思っていてもふとした瞬間に読みたくなることが起こるもの。こうして一度売ってしまった本を再度購入することもしばしばあるので、自分自身でも「無駄なことをしているなぁ」と感じることが多いです。

しかし最近では社会人になり、本屋へ行く回数もめっきりと減っていきました。そこで多く利用しているのが通信販売です。ちょっとした隙間時間に本の概要を見ては、ちょこちょこと購入してしまいます。こうして一時期は減ったはずの本の冊数ですが、ちょっとでも油断をするとすぐに増えてしまうようになってしまいました。そこでまたまた活躍しているのが、本の通信買取です。当初は送ったまま何も連絡が無いのではないかと疑心暗鬼だったのですが、大手中古本取扱店が通信買取をしていることを知ったので、これならば安心かなと利用することにしました。結果から言えば、これは非常に便利です。まず重い本をわざわざ店舗へ持っていく必要が無くなりました。また、本だけではなく不要になったCDやゲームなどもまとめて買い取ってくれる点は非常に有用で、最近ではこれを多く利用して本の買取を依頼しています。もっとも買い取り金額に関しては想像していたよりも安いことが大半なので、本の一括査定サイトを利用して高く売れる古本屋を探す必要があります。
参考リンク:古本を売るとき買取価格を比較して一番高価買取の古本屋を探そう!

だからといって、店舗に本を持ち込んで売ることが全くの不要かと言えばそうではありません。お金の無かった小学生時代、数百円を握りしめながら足しげく通っていた古本屋の店主の鋭い眼光で本を鑑定する姿は強烈に印象に残っています。そこには本に対する敬意と愛情を感じ取ることができ、子供心ながら凄いなと思った記憶があります。利便性のみを追求するのではなく、やはり本好きとしてはそのような店主と本について語らいながら長く長く本を愛することも大切だよなと思っています。今は暇を見つけられないので、いつかそのようなゆったりとしたやり取りができれば。そんな風に思いながら、今日もせっせと通信販売で本を買っています。